まぶたがピクピク、肌に敏感症状はありませんか?

今日は風が強いですね。

風邪(ふうじゃ)は、『寒・湿・燥・熱』などの邪と合体して体に侵入することが多いです。

今日、2月4日は立春ですが、今は『寒』と合体して風邪(カゼ)にかかりやすい季節です。

というのは、「外邪」のお話。

ここからは、「体の中の邪」のお話です。

まぶた、ピクピクしませんか?

血が不足しがちだと体の中に『内風』が起きます。

まぶた、ピクピクしませんか?

これ、血が不足して「内風」が起きている症状です。

肌が乾燥してカサカサしていませんか?

かゆみや落屑が起きていませんか?

ひどくなると、赤みや湿疹、ヒリヒリ感など、肌の敏感症状が出てきます。

今日は風が強いです。

外邪の風も勢いがあって、肌に敏感症状が出るかもしれません。

私は実際に風邪の影響で、赤み、肌がガサガサ、落屑、湿疹、かゆみ、が出たことがあります。

これ、中医学を知らない人には信じてもらえない話なんですけど…。

冬に、部屋を効率よく温めるためにサーキュレーターをまわしていて。

スイッチを入れるたびに、首に強風を浴びていました。

するとある日、首が赤くなって、ひどく乾燥してしわっぽくなってしまいました。

しばらくの間、なぜこうなったのか分からず。

クリームを塗ってもあまり良くならず、落屑や湿疹、かゆみが出てきました。

そうしてやっと気付きました。

「風邪だ!」と。

それで、強風を浴びないようにサーキュレーターのスイッチを入れていたら、3日くらいですっかり治りました。

肌の敏感症状を抑えて美肌になる薬膳

内風は『血』で抑える!

血は、内風が暴れるのを抑えてくれるのですね。

というわけで血を増やす食材は、赤い色の食べ物と、黒い色の食べ物。

ナツメは、「いかにも薬膳食材!」という食べ物ですね。

ほかにも、杏仁豆腐の上にちょこんと乗っかっている「クコ」も赤いですね。

ナツメやクコはなかなか手に入りませんが、例えば、にんじんやほうれん草も血を増やしてくれます。

私は普段から、おかずやご飯に黒ゴマをふって食べることが多いです。

ここまでやると薬膳効果が出ます

「気は血を生ずる」

という言葉があって、血を作るためには気が十分にあることが必須です。

そして、血を増やす食材は赤や黒といった色が濃いものが多いですね。

色が濃いということは、それだけ栄養がぎっしり詰まっているので、消化するのに胃腸に負担がかかります。

だから、気を補う食材と、補った気を流す食材をいっしょに摂るのがおすすめ。

これが血を増やす薬膳のコツで、しっかりと血が増えてくれます。

血を補う食材だけを食べても、効率よく血が増えてくれないのですよ~。

ナツメは、血も増えますが、実は気も補ってくれる食材。

黒ゴマも血が増えて、そして香りがいいので気の巡りがよくなります。

肌の敏感症状は肌のケアだけじゃなく、体質から改善することで、丈夫なお肌を作ることができます。

健康なお肌の土台づくり、大事です。

フェイシャルエステでも体質改善から、きれいなお肌を引き出しますので、ご相談くださいね。

肌質改善 美素肌フェイシャル