からだの中からたるみケア ~清田区のお客様~

札幌市清田区から、リフトアップ・小顔フェイシャルを受けにいらっしゃいましたよ~。

「この顔のたるみを、ほんとどうにしたいんです!」

と力強くおっしゃったので、こんなメールを差し上げました。

お肌にハリを出すための食養生って、意外じゃないですか?

顔のたるみは、からだの中からもやってくる

中医学では、「気・血・津液」という考え方があります。

どれもお肌のハリには欠かせないのですが、私が注目したのは、「気」です。

気は簡単に言うと「エネルギー」で、空気のみたいに目に見えないんですね。

風船に、適度に空気が入っていると丸く膨らんでハリや弾力がありますが、空気が抜けてしまうと、しぼんでしわしわになります。

お肌もこれと同じことが起きるんですよ~。

この方、お話を伺っていると、気が足りない状態でした。

睡眠時間が短くて、気が満タンに回復できないのと、ハードなお仕事で気が消耗している状態です。

ほんと、よく倒れずにいられるなと思うくらいしんどそうです。

その気の消耗で、肌のハリを失うのですね。

年齢以上にたるみを引き起こすのは、体に無理がかかっているから。

つまり、健康ではないからなのです。

からだの中は、外見や症状で分かる

経絡やお肌を見ても、気が足りないのが分かりましたよ~。

もともと色白なお肌をされているのですが、黄ぐすみしていました。

これは中医学でいう、脾(胃腸)という内臓の気が足りない状態です。

経絡では、脾とペアを組んでいる胃の経絡が目の下を通っていて、目の下のぷっくりとした腫れぼったいようなたるみを引き起こすのですね。

頬やフェイスラインにも通っているので、頬全体もたるみやすいです。

お体やお顔の雰囲気からすると、たぶん元々は別の体質(肺)だったと思うのです。

そこからストレスや不規則な食生活などが加わって、脾にも及んだかなと推察しました。

お顔のたるみやしわ、姿勢を観察すると、そういう症状が多く見られますし、

今までの生活状況を伺うと、その可能性は非常に高いですね~。

不健康のサインはお肌にも

初回では、フェイスラインのたるみが少しすっきりしたのを実感されてましたよ~。

たるみのケアもお肌のケアも、ダイレクトに肌に与えるほうが効果があります。

例えば、肌にハリを出すためにコラーゲンを摂る人もいると思うのですが、

肌にハリを出すのなら、食べるより肌に浸透させるほうが効果的なんですよ~。

コラーゲンは骨や内臓にも必要なので、摂取したコラーゲンが肌に行くのかどうかは分からないからです。

でもですね、わたくし思いました。

肌のハリを保てるくらい、からだも健康になるといいなぁ。。。

からだの内側からも同時にケアしたら、きっと想像以上になるんじゃないかなぁ。。。って。

それでこのメールをお送りしました。

初回は私も見て、「もっと、本当はお顔が小さいはずだし、もともとお顔が小さい」と思いました。

それを素直にお伝えしたら、「そういえば前はよく、顔が小さいって言われてた」んですって。

顔のたるみは、どうしても起こります。

年齢と共にお肌も徐々に衰えますので、ハリや弾力を失いますものね。

でも、実際の年齢以上に肌にハリがなくなってたるんでしまうのは、体からのお知らせです。

この方の場合は、「からだ酷使し過ぎだよ~。疲れ切ってるよ~。休みたいよ~」と言っているのが症状でわかります。

そして、「もっと自由な時間が欲しいよ~」という、この方自身からの声も聞こえてきそうです。

見てみたいですねー。この方が小顔になって、元気で明るくていきいきとして、今より全然若く見えてたのしそうな表情。

こちらはご参考記事です。ダイレクトにリフトアップする方法です。

顔のたるみ解消には土台のケアが欠かせない
一番気になるのは口もとのもたつき。それから目の下のたるみ」
モンテセラピーフェイシャルを受けに、北広島にお住まいの方がお越しくださいました~。
初めてのモンテセラピー、痛かったんですって。。。