エステサロン開業のきっかけは…創業の経緯

私、実はエステサロンで働いた経験がないのです。

会社勤めをしていましたが長続きせず、何度も転職しました。

最後の、30歳で転職活動したときは厳しかったですね~。

書類選考で何度も落ちて。。。

やっと入社したものの、3年の期限付きの契約社員でした。

おいしい食事でエステティシャンになろうと決意

「エステティシャンになろう」、「エステサロンをやりたい」と思ったのは、『おいしい食事』がきっかけです。

我が家の近くにフランス料理屋さんができていて、前からずっと気になっていました。

フランス料理 ル・ミディ さん 北広島市

誕生日の前日だというのに、仕事でミスをして、将来の不安も重なって、少し落ち込んでいました。

私の誕生日は3月21日で、その日は春分の日で会社は休み。

自分を元気づけよう。自分への誕生日プレゼントだ。
と思って、思い切って一人でランチをしに行ったんです。

ドキドキしましたね~。

フランス料理なんて一人で行ったこともないし、誰かとだって行ったこともないですし。

でも、すぐに吹き飛びました。

ほんと、田舎の家庭的な雰囲気という感じで。

運ばれてくるお料理ひとつひとつに、

うわぁ~盛り付けがきれ~い。

はぁ~おいしそうな香り~。

あぁ~おいしい~~。

一瞬で幸せに包まれました。

ご夫婦二人でやってらっしゃるのですが、お料理を運んでくださる奥さんの優しい人柄にも触れて、感動しました。

幸せいっぱいでの帰り道に、
何気ないいつもの日常でこんなに深い幸せを感じたこと、
こんなに身近に幸せはあるんだと気づいて、また感動しました。

そして、ふっと思ったんです。

私もこんなふうに人を幸せな気分にしたい。

それができたら、なんて幸せな人生だろう。

私には何ができるだろう。。。

私も、身近にある幸せに気付くきっかけをつくりたいなぁ。。。

私が好きなことってなんだろう。。。

と考えていたら、「エステだ」と、感覚的に思ったんです。

その瞬間、体中の細胞が粟立つような感覚があって、
「これだ!このために私は生まれてきたんだ!」と思いましたね~。

それ以来、ル・ミディさんは私にとってのパワースポットで、今でも一人でランチに行っています。

エステで自分を表現する、それが私の幸せ

私、美容に関することが好きで、美容部員をしていたこともあったんですよ~。

4年ほどで辞めましたが、興味はずっと持ち続けていました。

だから「エステ」って思いついたのは、私にとっては自然なことだったのかもしれません。

実は、一番のコンプレックスは「肌」だったんです。

小さいころ、ソバカスをからかわれて、肌へのコンプレックスが強く根付きました。

ニキビ肌で、なんとか肌をきれいにしたいと美容に興味を持ち、

20代後半のときには、顔中ニキビだらけになり、

仕事にも職場にも馴染めず、転職を繰り返し、

つらいと感じることのほうが多かったけど、今はそれがすべて糧になっているなぁと、しみじみ思います。

今はほんと楽しいです!

「本当の自分を得た!」という感じ。

自分の幸せ、本当の自分に気付くきっかけが、ル・ミディさんでのランチでした。

それから私の人生がガラッと変わったんですよね~。

ほんと不思議なめぐり合わせです。

今はですね、また不思議なめぐり合わせである方と出会いまして、

その方もお話をしていると、自分の幸せ、本当の私をどんどん引き出してくれまして、

私の幸せをカタチにできるのは、エステだ。

という確信と、

私はエステで自分を表現していく。

と、ますます想いが強くなっておりまして、

ゆうりらには、私の「楽しい!」が、いっぱいです。