「汗を流すのは体にいい」という常識の罠

あるお客様に「長時間の半身浴はやめたほうがいいかも」とアドバイスをしました。

それから1週間後、こんなふうにお体の変化を教えてくださいました。

足が冷えにくくなった気がします。
今までは、お風呂から上がったときはぽかぽかしてるのですが、時間が経つと、寝る前にはが冷えていました。
半身浴の時間を半分にしたら、足の冷えがあまり感じなくなったのと、翌日の日中も足が冷えてなかった気がします。
少し時間にゆとりができたので、早く寝られるようになりました。
「やらなきゃ」というのがなくなって楽になりました。

(札幌市北区・40代のお客様)

この方は冷えやすいお体で、いろいろな冷え解消法をなさっていました。

半身浴もその一つで、それまでは20分、汗がだらだら流れるほど湯舟に浸かっていたそうです。

「汗がだらだら」とおっしゃっていたので、これが良くないなと思ったのです。

暑くて自然に出てくる汗はいいのですが、毎日強制的にたくさん汗をかくのは、実はお肌にはあまりよくないのですよ~。

そしてほかにも、こんな理由があります。

朝がだるい、慢性的な疲れ

汗を出すとき、体の中の水分を動かして外へ出すわけですからエネルギーが必要です。

中医学では物を動かすパワーやエネルギーを「気」と言いまして、汗を出すとその「気」が消耗します。

「気」はほかにも体を温める「温煦(おんく)」という働きがあります。

そして気自体も温かくて「陽気」と言うこともあります。

冷え性では、この「気」が足りなくて体を温められない、というタイプがあるのです。

汗をかくこと自体が健康的なイメージがありますけど、、、

気が足りなくて体を温められないタイプの冷え性の場合は、実は逆効果です。

気が消耗するので、ますます自力で体を温められなくなります。

気が消耗すると体がパワーダウンしますので、疲れも増してしまいますし、非常に疲れやすくもなります。

同じように、運動しても痩せられない人は「気が足りない」、つまり「エネルギー不足で代謝が落ちているから」ということもありますよ~。

そういえばこの方は「朝はもうちょっと寝ていたい、寝足りない感じ」とおっしゃっていました。

会社で、午前10時ころになると必ず眠くなって、コクっと寝落ちしそうになるのだそうです。

そのあと「朝、コクっとしなくなりました」とおっしゃっていました。

これですね、眠気や疲れが取れないのも、半身浴(汗をかくこと)で疲れが増して、通常の睡眠時間では足りなかったんじゃないかと思いますね~。

まじめ&悩みが強いからこそ迷宮にはまる

私も10年くらい前まで、頑固な便秘症で冷え性で、ニキビもできやすくて、、、

という状態で、この方のようにいろいろな健康法や美容法を試しました。

で、私がそうだったのですが、「健康難民」・「美容難民」と言いましょうか、、、けっこう多いと思うのですよ。

今情報があふれていて、たくさんの美容法や健康法が紹介されています。

今の私も含めて、「〇〇をするといい」と言う人もたくさんいます。

以前の私は、コンプレックスが強かったのでそういうのをまじめにやってみるのです。

しかし正直ニキビは解消されない。

便秘も冷え性も、生理痛も足のむくみも気にしてましたが全くこちらも変化なし。。。

それでもきっとやったほうがいいんだよな、と思って続けたり、

また違う情報を耳にしてやってみたり、でもやっぱり解消されないというのが何年も続いていました。

だからこそ、はっきりと効果が実感できるモンテセラピーやダーマロジカに感動したのです。

そして、今までたくさんの美容法や健康法を一生懸命やっても解消できなかった理由が、中医学でものの見事にわかって、それで自分でもやってみよう!と思ったのです。

「実感」と「体感」が基準

「健康・美容難民」だった時と、「自分でやってみよう!」と思った時と、それは明らかに違いました。

まず、効果が全然違う!

効果がはっきりと実感できるんです。

例えば、肌なんかは見た目でわかるほどの変化。

触れば肌の質感が今までとはまるで違う。

そしてニキビが減っていき、新しいニキビもできなくなりました。

まわりの人たちからも「肌がきれいになった」と言われるほどの、明らかな変化を実感しました。

体調面でもお通じが来たり、生理痛がなくなったり、体が軽く感じられたり、元気を実感したり。

健康・美容難民だった頃は、こういう変化や実感はなかったですね~。

そして効果を実感できるから楽しくなるんですよね。

こういう楽しさも、健康・美容難民だった頃はなかったです。

楽しくなかったということは、、、

このお客様のように「やらなきゃ。。。やらないと。。。」という心の負担があったんだと思います。

健康になるために無理したり自分に負担をかけるって、それ不健康!笑笑

そのことに気づいて、お客様のように私も気持ちが軽くなりました。

「健康疲れ」起こしていませんか?

今回は「汗を流すのは体にいい」とか「半身浴は健康になる、冷え解消になる」という、いわゆる常識的な健康法ですよね。

以前の私のように、こういう一般化している健康法や美容法をなんでもかんでもやって、でも効果を実感できないという「健康疲れ」をしている方、ほんと多いんですよ。

だから「冷えがなくなった」というお客様の体の変化も嬉しかったのですが、それ以上に「『やらなきゃ』というのがなくなって楽になった」とおっしゃったとき、ぐっときましたね~。

この方の日々が少しでも過ごしやすく、そして豊かな時間が増えたのなら、嬉しいです。

「やらなきゃ」というのはストレスですものね。

そういえば別の方は、「食事の量を腹八分目にしたら、食後の食器洗いが憂うつじゃなかった」とおっしゃっていました。

これなんです!

自分の体にいいこと(自分の体に合うこと)は、ほかのことも心地よくなったり楽しくなったりするんです。

これがあなたにとっての正解です。

わかりやすいですよね~。

こういう実感や体感を、日常の中でどんどん感じていただきたいです。

そして小さなことでも細かいことでも、そういう体の変化を教えていただけたら嬉しいなぁと思いました。

↓よろしければこちらもご覧くださいませ~。

からだを無視して、まだその美容法やりますか?
「朝から体がだるくてやりたいことができない」「生理痛がつらい。気分も憂鬱になる」「なんでニキビが繰り返しできるんだろう…」以前の私はこんな体でした。
ほかにも冷え性で、足がむくみやすくて、便秘症もありました。