目の下のたるみと黄くすみに共通すること

「わぁ~、お花かわいい。私、お花見るの好きなんです~」

お客様がお帰りのときに、我が家の庭のお花を見ていかれました。

そういえば昨年の冬からお越しくださったんですもんね~。

先月まで我が家の庭にシャクヤクが咲いていまして、シャクヤクやなでしこや、庭に咲いている花を摘んで部屋に飾っております。

リフトアップ・小顔フェイシャルを受けられて6か月後

モンテセラピーフェイシャルを受けられて、最初はご自身でリフトアップ効果を実感して、

徐々にご家族にも気づいてもらえるようになりました。

リフトアップ効果をまわりが気づいた -札幌市清田区のお客様-
「このお花、かわいいですね~。色が変わってる~」
札幌市清田区からお越しくださっているお客様は、お花をときどきほめてくださるんです~。

そこからさらに、「最近母から、『肌がきれいになったね』って言われました」とおっしゃっていましたよ~。

と同時に「肌の調子がいいからバッチリお化粧して出かけたいけど、マスクをしなきゃいけないからお化粧できない」と残念がっていました。

ほんと、お会いするごとにお肌に明るさと透明感が出ているようですね~。

もともと色白の方ですが、その良さが堂々とお顔(お肌)に現れている、そう感じました。

今までは黄くすみしていたんですよね

最初にお会いしたとき、ぱっと見、お肌が黄くすみしているなと思ったんです。

ご本人も肌のくすみは感じていらっしゃいました。

中医学では「黄色」は「脾・胃(胃腸)」の状態をあらわします。

胃腸がダメージを受けて弱っていると、お肌が黄色くくすんでくるんですね。

カウンセリングでお話を伺っていると、こんなことがわかりました。

  1. いつも定時に帰れず夕食が遅い
  2. 帰りは必ずコンビニスイーツを買い、夕食後に食べている
  3. 毎日定時に帰れないのがとてもストレス
  4. 寝るのは午前1:30くらい
  5. 空腹感を感じない
  6. 便秘と下痢を繰り返す
  7. 肌が乾燥する、目の下がたるんでいる、肌にハリがない

これ全部、この中に胃腸を弱らせる原因と胃腸が弱って現れる症状です。

上から4番目までは胃腸を弱らせ黄くすみを引き起こす原因、その下は症状です。

ちなみに「甘いもの(甘味)」も「脾」と関りがあって、

ほんのり甘みを感じるものは脾を元気にしますが、過剰だと逆にダメージとなります。

目の下のたるみの原因は老化だけじゃない

「脾胃(胃腸)は気血生化の源」と言って、気と血をつくる大本です。

とった食事から生きていくうえで必要なエネルギーや栄養につくりかえる、それを胃腸がやっています。

肌のうるおいやハリを保つためには気血が必要で、胃腸が弱っているとその気血をつくることが難しくなります。

それで肌が乾燥したりハリが失われて、たるみが出てきます。

目の下のたるみは、胃腸が弱っているサイン!

胃経は目の下から下に向かって気が流れています。

胃腸が弱ると脾胃の経絡が歪むので、目の下や頬全体がたるみますよ~。

からだの中からのケアでさらにワンランク上の美肌に

歪んだ経絡はフェイシャルで整えることができます。

あとは食生活や養生をご自身でやっていただくと、お顔の若返りだけじゃなく健康になりますよ~。

それこそ肌の透明感やつや、血色の良さは、体が健康であることの証です。

実は私も過去に激しく思い当たる黄くすみがあって、そのときは黄色を通り越して肌が「土色」になっていました。

それとたくさんの黄ニキビ。

これも黄色なので、脾胃(胃腸)が関係しています。

清田区のお客様は、今はコンビニスイーツをやめたんですって。

甘いものが食べたくなったら、夜ではなく日中に食べるようにしているとおっしゃっていました。

一気にスパッとやめられるならいいですが、それがかえってストレスになって後で爆発するくらいなら、

自分と相談して、ご自身のペースで養生するのがいいと思いますよ。

私がお伝えしている薬膳的食生活は、簡単で料理上手じゃなくてもできます。

食生活も変えると、ほんとわかりやすく肌がきれいになりますよ~。

顔のたるみ解消には土台のケアが欠かせない
「一番気になるのは口もとのもたつき。それから目の下のたるみ」
モンテセラピーフェイシャルを受けに、北広島にお住まいの方がお越しくださいました~。
初めてのモンテセラピー、痛かったんですって。。。