本当は、ニキビができても安心していられるのがいい

ぷつっと、あごにできたニキビ。

赤く炎症し、大きくて痛い赤ニキビです。

フェイスラインや頬のニキビ痕って、隠せないし目立つし、ほんとイヤですよね。

このニキビ、ホームケアだけでどこまで治まるか試してみよう!と撮っておいたもの。

2016年8月18日の画像でした。

それから3カ月後の11月17日の画像です。

うっすらとニキビ痕がありますが、ほとんど目立たないほどになりました。

ニキビに対する恐怖

以前は、もっと大きな赤ニキビや黄ニキビが常にありました。

一時期は顔中にできて、皮膚科に通ったことも。

炎症したニキビは、ほぼ痕が残りますね。

私はそれが、とってもとってもイヤでした。

「たとえこのニキビが治っても、ニキビ痕がずーっと残る」

それを知っていたので、赤ニキビや黄ニキビができると憂うつな気分になりました。

ニキビに対する恐怖から安心感へ

今は、ニキビができても安心していられます。

たま~にできてしまうですよね。

でも、「これがあるから大丈夫」という安心感があります。

自分の肌に自信が持てるくらい、肌がきれいになったのを体感しましたから。

それまで一番のコンプレックスだった肌がきれいになったのは、本当に嬉しかった。

そして後になって気づいたのですが、もうニキビができても、不安になったり落ち込んだりしなくなりました。

「絶対にニキビができないような肌にする!」じゃなくて、もしできても安心していられる。

その安心感はいつも感じていて、それが私にとっては心地いいです。

一時的に肌の調子が悪くても、「これがあるから大丈夫」という安心感。

毎日いい気分で心地よく。

ぜひ、そうなってほしいです。

肌の悩みのことならこちら»»

リフトアップ・小顔など顔のフォルムのことはこちら»»

体形改善はこちら»»